同人誌 印刷 特殊加工のアクシス出版

ツイッターお問い合わせトップページ
電話番号:096-289-6051メールアドレス

フルカラーRGB印刷

フルカラーRGB印刷

デジタルオフセット6色印刷

フルカラーRGB印刷とは

ビビッドピンク(VP)、ビビッドグリーン(VG)の補色でRGBの色域を再現します

通常カラー印刷に使用するCMYKインクに加え、補色のビビッドピンク(VP)とビビッドグリーン(VG)を使用し、6色印刷とすることでRGBの色域が表現可能になります。ピンク、グリーン、パープル系の色が鮮やかになります。

補色によって網点の隙間も埋められるので、粒状感が少なく、滑らかで美しい仕上がりを実現します。

弊社ではこの印刷方式を「フルカラーRGB印刷」と呼んでいます。

  • CMYK(Japan Color Coated 2001)との比較
  • sRGBとの比較
  • Adobe RGBとの比較
Japan Color Coated 2001との比較

CMYK (Japan Color Coated 2001)との比較

ビビッドピンクとビビッドグリーンの補色が追加されますので、CMYKと比べると、グリーン、ピンクの部分が鮮やかになります。

特にRGBで(R:0 G:255 B:0)のようなグリーンは特色のビビッドグリーンで強く印刷されますので鮮やかになります。

また、紫も鮮やかになります。

sRGBとの比較

sRGBとの比較

光っている画面と印刷を比べるとギラつきの有無で見た目のイメージは変わってきますが、sRGBの色域のほとんどをカバーしており、データと印刷物の乖離が少ない状態です。

このような理由から、sRGB IEC61966-2.1のカラーモードで制作をされることをお勧めしております。

Adobe RGBとの比較

Adobe RGBとの比較

Adobe RGBと比較すると、グリーン、パープル、ブルーの領域で表現できない色域が増えてきます。

また、肌色などの中間色を作るために必要なグリーンは印刷時に表現されませんので、データ全体にグリーンの色が不足し、赤っぽい仕上がりになる傾向にあります。

このような理由から、Adobe RGBのカラーモードでの制作はお勧めしておりません。

ギャラリー

注意

データのカラーモードはRGBで

データのカラーモードはRGBで制作されてください。カラーモードがCMYKの場合は補色の効果が最大限に発揮されません。

また、RGBのカラーモードの種類は「sRGB IEC61966-2.1」にしてください。「Adobe RGB」「Apple RGB」等の環境下で制作されたデータは、印刷結果との乖離が大きくなります。

効果が実感しやすい絵柄

最も効果が実感しやすい絵柄は、ピンクっぽい絵柄、グリーンっぽい絵柄になります。またパープル系の色も鮮やかになります。

逆にシアンなどの色は補色の効果があまり出ませんので、鮮やかにはなりません。

表紙2-3印刷はできません

フルカラーRGB印刷のオプションをお選びになった場合、表紙2-3印刷はご利用不可となります。

スプリングサマーオータムウィンター各フェアの表紙2-3印刷無料フェアをお選びになった場合も、無効となります。

TOP